【動画】レモン画翠×SPHINXのコラボ動画 第二弾を公開しました
2021年4月21日
1F:ショーウィンドウの模型展示を入れ替えました
2021年5月12日

ミニチュア写真の世界展2021:観覧レポート

御茶ノ水の画材・建築模型材料店のレモン画翠です。
4月23日(金)より浅草橋にあるTODAYS GALLERY STUDIOにて開催されている「ミニチュア写真の世界展2021」に弊社スタッフが行ってきました。

建築模型制作・建築・デザインなどに携わる方に向けた商品のラインナップを揃えている弊社ですが、ミニチュア作家の皆さまやミニチュア好きな方にも日々ご利用・ご閲覧いただいている事をふまえ、ミニチュア作品およびその撮影・表現方法をより知るべく、展示会場へ足を運びました。

今回観覧した「ミニチュア写真の世界展2021」は2018年から始まり、東京では今年で3回目。昨年は、コロナウイルスに伴う影響もあって止むを得ず開催を順延する形となったものの、今年は感染防止のための万全の対策を整えて1年振りに開催することができたのだそうです(また、浅草橋というハンドメイドを愛する人に親しまれている土地柄、材料を買いに来られた方もよく足を運んでくださっている…というお話も伺う事ができました。開催地の特徴と展示の双方が作用し合っているのも素敵なポイントですね)。

展示の総出展者数は42組、インスタグラム・TwitterなどのSNSでも活躍中の全国の作家の方々が出展されており、1フロアすべてが数多のミニチュア写真作品と立体作品で溢れています。実物の精巧なミニチュアをいろんな角度から眺められる楽しさと、写真で表現された作家さんごとの世界観を味わえる事、本物の食品やインテリアにしか見えないほどの作品に込められた思いや制作過程を考える事の楽しさがありました。ミニチュアというと作品そのものを見てしまう事が多いのですが、写真が一緒に展示されていることで作家さんが見せたいところや自分が気づけなかった視点が鮮明に見えてきます。作品の側にある解説が書かれたキャプションを読む事で、より親しみを感じながら鑑賞することができたのも素晴らしい体験となりました。
(完成された作品を目の前にすると、どんな技術や材料・時間で作られたのか気になってしまうのは、芸術に関わる人間としての性みたいなものでしょうか…)

会場限定の作品が購入できるミニチュアスーベニアショップもありますので、お気に入りの作家さんや会場で気になった作家さんの作品をその場でお迎えすることができます(会場に行ったスタッフも、個人的に興味を惹かれたものを数点購入させていただきました)。



■展示情報
「ミニチュア写真の世界展2021」 2021年4月23日(金)〜5月16日(日)
会場:東京都 台東区 浅草橋5-27-6 TODAYS GALLERY STUDIO
https://tgs.jp.net/event/miniature/

IMG_6993
IMG_7010
IMG_7004
IMG_7028
IMG_6996
IMG_7002
IMG_7003
IMG_7016
IMG_7012
IMG_7024
IMG_7041

IMG_7021
IMG_6992