第34回レモン展 概要
2011年4月1日
展示室でお花見
2011年4月6日

博物館でお花見を

上野のお山にもやっと春到来ですが、世間は何かと自粛で騒がしいです。

桜を愛でながら心静かに平安を祈るのも良いのでは。東京国立博物館の「博物館でお花見」に行ってきました。4月17日(日)まで。まずは「春の庭園開放」へ。
花の名所上野の、そのまた隠れた桜の名所をご存知ですか? 本館北側の庭園を公開します。由緒ある5棟の茶室が点在する庭園を散策してみませんか。ソメイヨシノをはじめ、オオシマザクラ、ショウフクジザクラ、枝垂れのエドヒガンザクラ、緑がかった花が美しいギョイコウザクラなど、10種類もの桜が次々と開花する庭園は、1年でもっとも美しい花の園になります。

いつもは展示室のガラス越しにしか見られない庭園には10種類もの桜と由緒ある5棟の茶室が点在します。ソメイヨシノの開花日からそれほど経っていませんでしたので、2〜3分咲きかなと思っていましたが、何種類もの桜があるとやはり違います。一番早く開花するエドヒガンシダレ、可憐な白色のミカドヨシノはすでに満開です。庭園散策マップ(クリックすると拡大します)
江戸彼岸枝垂

庭内に点在する茶室・講堂も心癒されます。池のそばに建っています《転合庵》《春草廬》が間近で見られました。また庭奥にある《九条館》では、襖の狩野派による楼閣山水図や藤花菱が透かし彫りされている欄間がちらっと見ることができて感動でした。

春草廬と転合庵

span style="font-size: x-small;">九条館

当日は花曇りでしたが、春の陽気でほんとうに気持ちがよかったです。MOTOYA EXPRESSの〈さくらカフェ〉が出店していて、庭園を眺めながらコーヒーで味わえます。限定マフィン「桜と豆の抹茶マフィン」香りよくおいしかったです。

「3月29日〜4月3日に来館されたお客様の観覧料は日本赤十字社を通じて、この度の震災で被災された地域の皆様に寄附いたします」とのこと。トーハクさんに感謝です。桜は今度の土・日ごろまでが見頃かと思います。国宝《花下遊楽図屏風》を含む本館(日本ギャラリー)の展示「展示室でお花見」については次回に。(K)