卒制バックアップセール 2010 4F
2010年11月24日
卒制バックアップセール 2010 3F
2010年11月29日

ゴッホ展に行ってきました

国立新美術館で開催中の「没後120年ゴッホ展 ーこうして私はゴッホになったー」に行ってきました。会期は12月20日まで。

一目見てゴッホとわかる独自のスタイルにどのように行き着いたかがわかるよう、ゴッホの代表作に加え、ゴッホに影響を与えた画家たちの作品やゴッホ自身が収集した浮世絵などを展示しています。オランダのファン・ゴッホ美術館とクレラー=ミュラー美術館からゴッホの油彩35点、版画・素描約30点と、オランダ時代のゴッホに絵画表現技法の基礎を手ほどきしたハーグ派のモーヴや、芸術の都パリ時代に出会ったモネ、ロートレック、ゴーギャン、スーラなどの油彩画約30点、その他関連資料約20点を展示しています。





作品セクションは5つ
1.伝統ーファン・ゴッホに対する最初期の影響
2.若き芸術家の誕生
3.色彩理論と人体の研究ーニューネン
4.パリのモダニズム
4.真のモダン・アーティストの誕生ーアルル
5.さらなる探求と様式の展開ーサン=ミレとオーヴェール=シュル=オワーズ


もうみなさんがおっしゃっていますが、ゴッホはほんとうに努力の人。自身のスタイルのために様々な作家を繰り返し模写していきます。ミレーからモネ、ロートレック、浮世絵、ゴーギャン。27歳で画家を目指してから10年、ものすごい勢いで吸収して血肉にしていくのはすごい。

ゲットしたもの:公式図録、ガチャガチャ2個(アイリス・ある男の肖像)、ポストカード(サント=マリ=ド=ラ=メールの風景)

中学生以下無料でしたので家族で見てきました。チャレンジドな息子は絵を見ないでTBS安住アナの音声ガイドをひたすら聴いています。芸大かマンガ家を目指す娘は「ひまわり」がないのがちょっとガッカリの様子。妻はゴッホへの賞賛の言葉。私はどの絵がよかったかと聞かれてモネとシスレーと答えるたわけ者です。(K)