ロボット・トートバッグが装いを新たに復活!
2016年1月26日
ずんぐり姿は安定感の証!小さくても疲れないシャープペンシル「PRO-USE 1500」
2016年1月29日
Show all

細かな材料はお任せ!水で薄められる接着剤「スーパーフィックス」

とても便利なスーパーフィックス、その実力とは…?
 

御茶ノ水の画材・建築模型材料店のレモン画翠です。
4Fの「名品と呼びたい模型材料」のお時間です。今回は縁の下の力持ち「接着剤」の中から砂利、樹木スポンジなどの細かい材料の接着に特化したモーリン社製「スーパーフィックス」をご紹介します。 鉄道模型でよく使われているこのスーパーフィックス、4Fでも静かに人気のある接着剤です。どんな接着剤か簡単に説明しますと、界面活性剤を混ぜた、少し緩めの木工用ボンドです。(界面活性剤を使用するのは、ボンドの成分が砂利やスポンジの隙間に浸透しやすくなるからです) 木工用ボンドに洗剤を混ぜたものと変わりはありませんが、スーパーフィックスはボンド成分の浸透がより良くなる配合があらかじめされているので、手間や配合の失敗を心配せず手軽に使える利点があります。模型作りが初めての方や、下準備を短縮させたい方にはもってこいです。

 

使い方は様々…シーンごとに姿を変えます

 
スーパーフィックスは自分の使いやすいようにカスタマイズができる、珍しい接着剤です。
  • 広い面積の下地にしっかりと砂利や芝剤等を固着させたい場合は、紙コップに入れ3〜4倍の水で希釈し、簡単に塗り広げられます。
  • あらかじめ厚めに撒いた砂利の上から、同じように水で希釈したスーパーフィックスをスポイトで上から垂らすことで、砂利の隙間と下地を固着させ、バラつかせないこともできます。
  • また樹木スポンジや、砂と直接混ぜれば、下地に塗敷いた時や、スポンジを樹木の枝につける時にもしっかりと固着し、乾いてからも自然な風合いで固まります(スーパーフィックスでどろどろにならないよう、泥だんごを作る時のような水分量で、スーパーフィックスを入れると綺麗に仕上がります)
強力な接着剤にありがちな「変色」もほとんどないので、安心してお使いいただけます!
スーパーフィックスで固めたバラスト(砂利)と芝 自然な仕上がりですね

スーパーフィックス1本あれば、地面表現・樹木表現がだいぶ楽になります。しかし気をつけていただきたい点もあります。

  • 粘度は違えど成分はボンドと変わらないので、量が多かったり、水で薄めた時にしっかりと混ぜないと、固着した部分が白化してしまいます。
  • また乾けばボンド独特の照りも出ますので、気になる場合はマットメディウムを乾燥後に薄く塗れば照りが目立たなくなり、自然な風合いになります。

この2点も用量に気をつければ回避できる程度です。
以上を考慮しても、スーパーフィックスは使い勝手の良い万能な接着剤だと思います。砂利・芝・ 樹木製作で苦労していたみなさん、スーパーフィックスを一度お試しください!
価格は¥500(税別)4Fにて好評販売中です。