第8回 お茶の水アートピクニック
2011年10月3日
お茶の水JAZZ祭 presents ミュージックフェスティバル 2011
2011年10月6日

美術検定2級を申込みました

試験日11月6日の予定が決まらないため、申込期限ギリギリまで待って2級を申し込みました。もしかするとドタキャンしてしまうかもしれません。

今回は何故かほとんどプレッシャーを感じません。合格率33.5%(2010年度実績)だとかえってサバサバしています。3級の時は落ちたらマズいと思いながら進まない勉強に焦ったりしていました。9月中は参考書籍をダラダラと読んでいました。

  • カラー版 日本美術史
  • カラー版 西洋美術史
  • カラー版 20世紀の美術
  • カラー版 東洋美術史
  • 公式テキスト 西洋・日本美術史の基本
  • 美術館を知るキーワード
  • 改訂版 美術検定1.2級 傾向と対策
  • 絵でわかるアートのコトバ
  • もっと知りたい美術の知識

全部購入したら大変なのでいろいろと工夫して揃えています。3級の時にもお話しましたが、《西洋・日本美術史の基本》はちょっと読みにくいかな。カラー版の4冊は、図版が豊富で読むのがとても楽しい。

最重要本は《改訂版 美術検定1.2級 傾向と対策》。やはりこの内容は確実に覚えないといけない。そしてもうひとつ《絵でわかるアートのコトバ》も侮れません。西洋/東洋の画材・技法・主題・モチーフ・建築、陶磁器/漆工芸の種類・技法などが分かりやすく解説されています。確実に覚えれば点数が拾えると思います。それと2級の穴埋め問題用の《美術館を知るキーワード》

「美術の知識・教養を高め、鑑賞力を養いつつ」とありますが、やはり暗記力を高めていかないと合格はむずかしいでしょう。楽して効率的に覚えるためのヒントを...。

それはNHK Eテレの「テストの花道
人は「考え方」を手に入れたとたん、頭が良くなる生き物である。君にできないはずはない。やる気はあるけど、なかなか成果が上がらない…、勉強の仕方が分からない…。その悩みを解決する番組
ちょっと見られない時間帯ですが、サイトの「過去の放送」にはヒントがたくさん載っています。3日で180の英単語を覚える「暗記するチカラ」やマインドマップそのものの「情報を整理するチカラ」など。1級の小論文に使える技もありそうです。

でも単語帳などに書き込むのはちょっと大変。それとなぜか分かった気になって実はあまり頭に入っていないことも多い。今回はちょっと奥の手を用意して準備をしています。それはまたこの次にお知らせします。