スタイロカッター割引セール
2012年6月18日
建築模型材料:ソルベント
2012年6月22日
Show all

近代洋画の開拓者 高橋由一展

東京国立博物館で開催されています「近代洋画の開拓者 高橋由一」に行ってきました。会期は6月24日(日)まで。

《鮭》や《花魁》(いずれも重要文化財)を描いた画家として知られている、明治時代を代表する洋画家、高橋由一の全貌を紹介する展覧会です。明治維新後に丁髷を落とし「由一」を名乗るところから、近代洋画の父と呼ばれる高橋由一の活躍がはじまります。この時すでに40歳を超していました。絵が好きで画家になりました、といった甘さは微塵もなく、洋画を日本に普及するのが自分の果たすべき使命だという強い自負にあふれていました。日本には洋画が必要なのだ、ということを必死になって世間にうったえたのです。由一には留学経験がありませんが、本場の西洋画を知らずに写実に挑んだ男が生み出した油絵だからこそ、黒田清輝以降の日本洋画の流れとは一線を画す「和製油画」として日本的な写実を感じさせるのです。本展では、由一の代表作を網羅し、初期から晩年までの作品を一堂に紹介するほか、イメージソースとなった広重や司馬江漢らの作品、あるいは「由一史料」と呼ばれる文書類もあわせて展示し、「近代洋画の開拓者」高橋由一の魅力を探ります。

セクション割は、
1 油画以前
2 人物画・歴史画
3 名所風景画
4 静物画
5 東北風景画

見どころは、美術や日本史の教科書にも掲載されている《鮭》、小稲という売れっ子の花魁を描いた《花魁》の重要文化財の2点でしょう。今回の展覧会では、由一作の3枚の《鮭》の絵が並んで展示されています。

左《鮭》 1878年頃 山形美術館寄託
中《鮭》 1877年頃 東京藝術大学〈重要文化財〉
右《鮭図》1879-80年 笠間日動美術館

この新巻鮭のモチーフはこれしかないと感じです。特別に造られた絵の背景と同じような色の壁に展示されていますが、まるで本物の《鮭》がそこに吊るされている感じです。ちょっと3D感覚です。まさにこれが由一が狙った効果でしょう。

大きさ迫力、質感から云って藝大の《鮭》には圧倒されます。笠間日動の《鮭図》は、板に直接描かれていて背景の部分は板目そのままなのが驚きです。ちょっとだまし絵のような感じ。

《花魁》は、由一が洋画の技術を会得する途中の段階での作品なので、堅さが目立つような気もしますが作品は素晴らしいです。小稲本人は私はこんな顔じゃありませんと泣いて怒ったというエピソードが残っていますが、浮世絵の美人画しかない時代では仕方ないでしょう。

今見てももう少し美人に描いてあげても良いのでと思ったりしますが、由一は感情を排してリアリズムに仕上げたのでしょう。それがかえって感じるものがあります。何度となく見ていると味が出てくる不思議な作品です。
《花魁》1872年 東京藝術大学〈重要文化財〉

その他、油画以前の動植物の博物画や広重の浮世絵をベースにしている名所風景画、非常に精密な静物画・人物画などとても感心してしまう作品ばかりです。

評伝を読むとフェノロサにより日本の洋画が認められなかった時期があったり、黒田清輝には旧派として扱われたり、時代が下るとリアリズム絵画の論争のネタになったりしています。様々なことを高橋由一とその絵は考えさせてくれます。