コミック材料在庫一掃セール
2012年6月4日
6月の金沢料理長おすすめパスタ
2012年6月8日
Show all

ボストン美術館ー日本芸術の至宝

東京国立博物館で開催されています「ボストン美術館ー日本芸術の至宝」に行ってきました。会期は6月10日(日)まで。

ボストン美術館は、”東洋美術の殿堂”と称されます。100年以上にわたる日本美術の収集は、アーネスト・フェノロサや岡倉天心に始まり、今や10万点を超えます。海外にある日本美術コレクションとしては、世界随一の規模と質の高さを誇ります。本展は、その中から厳選された仏像・仏画に絵巻、中世水墨画から近世絵画まで、約90点を紹介します。修復を終え、日本初公開となる曽我蕭白の最高傑作『雲龍図』をはじめ、長谷川等伯、尾形光琳、伊藤若冲などの手による、かつて海を渡った”まぼろしの国宝”とも呼べる日本美術の至宝が一堂に里帰りします。

セクション割は、
第一章 仏のかたち 神のすがた
第二章 海を渡った二大絵巻
第三章 静寂と輝きー中世水墨画と初期狩野派
第四章 華ひらく近世絵画
第五章 奇才 曽我蕭白
第六章 アメリカ人を魅了した日本のわざ

※展示順序は1, 2, 3, 6, 4, 5になります。

予想していましたが、なかなかの混み具合です。開館30分ほど前に着きましたが、すでに正門近くまで列が伸びています。スタッフのお兄さんが「千人〜」と連絡しています。でも開館すると列がどんどん進みますのであまり気になりません。回りの皆さんも何故かワクワクしていて楽しそうな雰囲気です。

まずは、なんと8世紀奈良時代の《法華堂根本曼荼羅図》。お釈迦様のお顔をしばし拝見する。その他に12世紀の《普賢菩薩》《馬頭観音》など素晴らしい仏画が揃っています。そして快慶作《弥勒菩薩像》

《法華堂根本曼荼羅図》奈良時代・8世紀 ボストン美術館蔵

海を渡った二大絵巻は《吉備大臣入唐絵巻》《平治物語絵巻》。祥啓《山水図》もまさに静寂な世界。

《吉備大臣入唐絵巻(部分)》平安時代・12世紀後半 ボストン美術館蔵

《平治物語絵巻 三条殿夜討巻(部分)》鎌倉時代・13世紀後半 ボストン美術館蔵

《山水図》祥啓筆 室町時代・15世紀末~16世紀初 ボストン美術館蔵

そして等伯、光琳、若冲、まさに息をのむ作品ばかり。尾形光琳の《松島図屏風》は美しかった。

《龍虎図屏風長谷川等伯筆 江戸時代・慶長11年(1606) ボストン美術館蔵

《松島図屏風尾形光琳筆 江戸時代・18世紀前半 ボストン美術館蔵

最後に曽我蕭白の11点、まさに圧巻です。ちょっと苦手と思っていましたが、筆の勢いと繊細さ、図面構成や人物描写、どれを取ってもユニークで驚きです。

《龐居士・霊昭女図屏風》曽我蕭白筆 江戸時代・宝暦9年(1759) ボストン美術館蔵

《風仙図屏風》曽我蕭白筆 江戸時代・18世紀後半 ボストン美術館蔵

数々の素晴らしい作品を観ましたが、プロローグ「コレクションのはじまり」にある狩野芳崖の《江流百里図》。遠近法を駆使し落款は横書き、西洋と東洋の画法が融合した水墨画も心に残りました。